· 

SNSやオンライン等で注目される保育仲間2人の14年間の絆!!

SNSやオンライン等で注目される保育仲間2人の14年間の絆!!

このゆび保育の著名人コラムです。
今回は専門学校で講師としても活躍する保育シンガーソングライターの荒巻シャケさん当サイトでも複数のコラムを執筆されている現役保育 こばやしだいすけさん」のお2人です。

この数年SNS等で保育士の発信が目立つようになりましたが、実はこの2人は10年以上前から発信者として活躍しており今日は「2人だから話せる13年間の歩み」をテーマに対談をした様子をお届けします。

現役保育士のこばやしだいすけさんと、保育シンガソングライターの荒巻シャケさんの対談

 

【質問】SNSやオンライン上で親しい様子がみられますが2人のキッカケと関係は?

保育シンガソングライター荒巻シャケさん

うちらの関係って改めて言われるとなんだろうね。
“だいすけ”は「だいすけ」だしなぁ(笑)

現役保育士こばやしだいすけさん

うちらは共にmixi時代に発信を始めていて、当時はmixiかブログしかない時代って感じだったんだよね。初めてシャケちゃんに逢ったのは私が保育士2年目の22歳だからもう14年もシャケちゃんには仲良くしてもらっています。実は今日の対談場所は「目白」でお願いしたかったんですよ。私とシャケちゃんが初めて出会った場所だけれど覚えてます??(笑)

保育シンガソングライター荒巻シャケさん

とんぼクラブか!
※あそび歌のパイオニア「湯浅とんぼさん」が主催していた、自主勉強会。

現役保育士こばやしだいすけさん

そこで自己紹介をした後、シャケちゃんが年下の私に凄く丁寧な印象で「実は私、だいすけ先生のこと以前から知っているんです」とわざわざ挨拶に来てくれたんですよ。そこからもう14年なんです。

保育シンガソングライター荒巻シャケさん

というか今更だけれどうちら2人の対談なんて、需要があるのかな(笑)

【質問】オンライン上でのお2人のやり取りが興味深くて面白かった。SNS時代だからこそSNSと保育士の歴史的なものも含めて今回、お伺いできればと思っています。また「保育士の繋がり」という部分でも色々と教えていただけると嬉しいです。

保育シンガソングライター荒巻シャケさん
  1. 保育者の先輩「高杉正さん」に誘われて、あそび歌ユニット「クリーミィメロンパン」を結成して活動開始。
  2. 湯浅さんが始めた「トンボくらぶ」に行ってみた
  3. そこで人と繋がることが面白いと感じて、そこから自分でも積極的に動いてみようと考えた。
  4. その後、私たちの繋がりの中心的な「男性保育者連絡会」にも行ってみた。
  5. そのへんからだいすけが保育士交流会を始めた。
現役保育士こばやしだいすけさん
  1. 当時は保育士が発信をしているって珍しかった。
  2. 保育士として日々の想いをmixiに綴っていたらいつの間にか注目されていた。
  3. 膝の故障で保育現場から長期離脱が決まった時に自分の中で改めて保育の世界が好きだと感じで、外の世界に発信や交流を求めるようになった。
  4. メディアにも協力してもらう形で、自分が代表という形で保育士交流会という勉強ではなく想いの交流と情報交換を目的とした会を立ち上げた。

保育シンガソングライター荒巻シャケさんと、現役保育士こばやしだいすけさん

2人が、保育仲間の輪を広げたり、より深く学んでいくきっかけとして、「全国男性保育者連絡会」での兄貴的な存在の先輩たちや、「全国保育団体合同研究集会」での全国の保育者たちとの出会いはとても大きくて、今でも自分達の財産になっているよね。

 

実はこの対談。当初の予定を大幅に超えて3時間超えの対談になりました。
このお二人に寄せられた事前質問、その他にもこの2人だからこそ話せる大変興味深いことが盛り沢山だった為、続きは“後編”として改めて発信させていただきます。

(※お2人の言葉の中から大変多くの著名な保育士さんも出てきました)

>>>後編

4月中に公開予定


※本コラムの対談及び取材は、緊急事態宣言ではない期間に行っており、感染予防策を講じております(写真撮影時のみマスクを外しています)。


落ち着いて納得して保育園を選べる転職サポート(無料)

このゆび保育の保育転職プログラムは、丁寧な面談を受けられることと、保育体験ができることです。

このゆび保育の転職サポートは「安心感」「納得感」が特徴です。

  • 面談は、30分以上かけてしっかりお話をうかがいます
  • あなたに合うと考える保育園を2園以上ご提案します
  • 応募・面接の前に保育見学や園長面談ができます

完全無料で、一人ひとりに寄り添い、転職を成功させるためにサポートします。

 


保育記事作成:このゆび保育 編集委員