· 

第3話:保育士の転職で、一番大事なこと

第3話『保育士の転職で、一番大事なこと』

 今回のワンポイント解説


【保育園探しでは“何を大事にしたいか?”を決める】

 

このことは、保育士の転職活動では特に大事です。なぜなら保育園の運営には様々な制約があり、全てを満たす保育園は存在しないからです。何を大事にしたいか決めておくとスムーズに保育園探しができます。

 

具体例①:給料
保育園の収入は決められた上限があります。

なので、職員配置が手厚くなるほど、一人ひとりのお給料は下がる傾向にあります。

具体例②:園庭の広さ
駅近は土地代が高いことが多く、広い面積を確保しにくいです。

なので、広い園庭を持つ保育園ほど、最寄駅からの距離が大きくなることが多いです。

 

【生活のことも考える】
男女問わず、ライフイベント(結婚・育児・介護など)の変化で、生活スタイルが大きく変わります。もし、ライフイベントの変化が事前にわかっている場合は、そのことも考えた上で、“大事にしたいこと”を決めていきましょう。

具定例①:結婚
借り上げ社宅の対象外になることが多いため、求人応募する際には、その法人の社宅規定を確認しましょう。

もし対象外なら、家賃をどのように払っていくか、具体的な数字でシュミレーションすることが大切です。


具体例②:育児

自分の子どもの保育園の送り迎えがあります。

なので、時短勤務が必要であったり、駅から遠い保育園が難しくなることもあります。お子さんが熱を出したときに看病休暇がとれるかも重要です。子育て中の保育士が働いているかどうかは要チェックです。

 

 


落ち着いて納得して保育園を選べる転職サポート(無料)

このゆび保育の保育転職プログラムは、丁寧な面談を受けられることと、保育体験ができることです。

このゆび保育の転職サポートは「安心感」「納得感」が特徴です。

  • 面談は、30分以上かけてしっかりお話をうかがいます
  • あなたに合うと考える保育園を2園以上ご提案します
  • 応募・面接の前に保育見学や園長面談ができます

一人ひとりに寄り添い、保育者の転職をサポート致します。

 


マンガ:たっきー先生(現役保育士・Instagramer)

解説:阿部常充(このゆび保育コンサルタント)