保育士の就職・転職

このゆび保育の保育転職プログラムは、丁寧な面談を受けられることと、保育体験ができることです。
転職を考えたことはありますか?まさに今、考えているところですか? 保育士として、日々子どもと向き合いながら1日があっという間に過ぎていき、そんな中でも書類や保育の準備、行事…と、やることもたくさん。ふと立ち止まって「このままでいいのかな?」「やりがい感じられている?」「ずっとここで働く?」自分に問いかけるように転職を考える人も多いのではないでしょうか。 考え始めるきっかけとしてあくまでも一例ですが、様々な環境や状況で過る転職。慌てて行動する前に「ちょっと待った!その転職、本当に大丈夫?」 失敗例も参考に、一度落ち着いて考えてみませんか?

30代からの保育士転職のメリット・デメリット、転職時の注意点について解説
30代の保育士の方には、10年以上保育でキャリアを積んできた方、他職種を経て保育士に転身された方、様々なキャリアの方がいると思います。また、30代になり自分自身と向き合うことが増え、仕事との向き合い方を考えたり、今の環境に合った働き方を求めたりと、変化も多くなる年代ではないでしょうか。 そのような30代保育士の転職について、お伝えしていきます。

保育士は家賃補助や住宅手当の制度が充実しています。「保育士は給料が高くない」「仕事内容は大変」保育士の仕事について近年マイナスな言葉もよく聞くようになりました。 給与は生活面はもちろん、仕事のモチベーションにも関わる大切なものです。就職・転職活動の際にも給与額が参考材料として上位にあがるのではないでしょうか。そこで、家賃補助や住宅手当に関する制度の詳細とポイント、注意点などを解説します。

このゆび保育の保育転職プログラムは、丁寧な面談を受けられることと、保育体験ができることです。
当サイトにも年間十数件問い合わせがくる保育士の借り上げ社宅によるトラブル相談。今回は実際に問い合わせのあった内容を実例として解説していきます。

このゆび保育の保育転職プログラムは、丁寧な面談を受けられることと、保育体験ができることです。
退職を決意したといっても伝える時には緊張や気まずさを感じるものです。そんな保育士の退職についてはトラブルも報告されることがあります。今回は保育士の退職トラブルについて実例をもとにいくつか解説していきます。

過去にこのゆび保育コラムでも複数回にわたり保育士不足に関する問題点や現状を解説しました。しかし保育業界において最も危惧されているのは「園長」「主任保育士」といった職員を指導する立場における役職保育士不足問題。実際にこの役職層の指導力などによって不満が募り保育士を退職して他の業界に活躍の場を移すという例もここ数年増えています。今回は園長職・主任保育士問題について解説していきます。

このゆび保育の保育転職プログラムは、丁寧な面談を受けられることと、保育体験ができることです。
保育士は魅力的な仕事ではあるが、それに見合った給料ではない。むしろ安すぎるのではないかと世間で長く言われており、実際に保育士さん以外でも給料が安い職種と思っている方は少なくないのではないでしょう。

このゆび保育の保育転職プログラムは、丁寧な面談を受けられることと、保育体験ができることです。
待機児童問題が表面化したことで、2000年、2001年に行われた「保育所改革」により東京や神奈川をといった待機児童地域を中心に保育園が増加。その結果保育園不足と同じように保育士不足となりました。では保育士不足について2021年の現状はどうなのでしょうか。

このゆび保育の保育転職プログラムは、丁寧な面談を受けられることと、保育体験ができることです。
保育士のスキルアップというのは、常日頃から言われていることではありますが、では実際にどのようなものがあるのか。ここで一部ではありますがまとめてみました。

このゆび保育の保育転職プログラムは、丁寧な面談を受けられることと、保育体験ができることです。
今年も多くの高校生が保育系の大学や専門学校などに入学を控えています。そこでよく聞かれることが「就職するならば保育士と幼稚園教諭どっちがいい?」という話題。実際に就職先を決めるのは卒業学年の夏~秋にかけてで、実際に保育園実習や幼稚園実習に行ってみたりすることで徐々に将来が決まっていくのですが、まずは就職してからの大まかな違いをもとに実際に保育士さんと幼稚園教諭の方からの話を簡単にまとめてみました。

さらに表示する