カテゴリ:院内保育



保育の裏側 · 2020/06/30
病児保育は、病気の子どもを一時的に預かり保育することです。対象は、入院するほどではないが怪我や病気のため安静が必要、なおかつ集団や家庭での保育が難しい子どもです。病児保育には、施設型と、個人宅訪問型があります。なお、病児保育は、保育士資格が無くとも可能です。ただし、各施設等によって異なります。また、病児保育と院内保育は異なります。特に、院内保育には、病棟保育士と、院内保育士があります。病棟保育士は、入院中の子どもの保育を担当します。院内保育氏は、主に医療スタッフの子どもを保育します。病児保育は、働く保護者にとって欠かせないものです。ぜひ一度、ご覧になってください。