カテゴリ:転職



30代からの保育士転職のメリット・デメリット、転職時の注意点について解説
30代の保育士の方には、10年以上保育でキャリアを積んできた方、他職種を経て保育士に転身された方、様々なキャリアの方がいると思います。また、30代になり自分自身と向き合うことが増え、仕事との向き合い方を考えたり、今の環境に合った働き方を求めたりと、変化も多くなる年代ではないでしょうか。 そのような30代保育士の転職について、お伝えしていきます。

保育士は家賃補助や住宅手当の制度が充実しています。「保育士は給料が高くない」「仕事内容は大変」保育士の仕事について近年マイナスな言葉もよく聞くようになりました。 給与は生活面はもちろん、仕事のモチベーションにも関わる大切なものです。就職・転職活動の際にも給与額が参考材料として上位にあがるのではないでしょうか。そこで、家賃補助や住宅手当に関する制度の詳細とポイント、注意点などを解説します。

【8/13(金) 20:30〜】保育者の転職活動セミナー「借り上げ社宅制度のポイントと、よくあるトラブル」
転職活動をお考えの保育者の皆さん 保育園の求人が増え始める8月になりました。いよいよ来年度に向けて転職活動を始めた方もいると思います。転職する方の中には「いい園なら、引っ越ししてでも働きたい」「新しい土地で保育をしたい」という人も多いです。 そうなると必ず話題にあがる「借り上げ社宅制度(正式名称:保育士宿舎借り上げ社宅制度)」について解説致します! 実はこの制度、意外と複雑で、なかなか理解しきれないことも多いです。「雇用契約書みたら、借り上げ社宅が使えないとわかった」という相談も少なからずあります。 ポイントと、よくあるトラブルを解説します!

このゆび保育の保育転職プログラムは、丁寧な面談を受けられることと、保育体験ができることです。
児童発達支援センター(もしくは児童発達支援事業所)は、主に未就学児である6歳まで子どもに保育(療育)を行う障がい児支援のための施設です。障がいのある子どもたちを専門とした保育園という風なイメージが近いかもしれません。 保育士の中には、保育に限らず福祉に対する関心が高い方もおり、児童発達支援センター(もしくは児童発達支援事業所)への転職を検討している方もいるかと思います。そのような方に向けて、具体的な働き方などをまとめてみました。

このゆび保育の保育転職プログラムは、丁寧な面談を受けられることと、保育体験ができることです。
放課後等デイサービスは、近年急増している障がい児向けの施設であり、最新の調査では国内で約37万人の子どもが利用しており、約1.4万の施設が存在しています(令和元年社会福祉施設等調査より)。 放課後等デイサービスは一時期、施設の保育サービスの質の低下が問題になり、法改正にともない保育士の存在が極めて重要になりました。放課後等デイサービスの保育士として働くことが具体的にどんなイメージなのか解説していきます。

このゆび保育の保育転職プログラムは、丁寧な面談を受けられることと、保育体験ができることです。
家庭的保育のプロフェッショナルであるチャイルドマインダーは、保育士とはどのように違うのでしょうか? 保育士との違いから、実際にチャイルドマインダーとして働く場合について、まとめています。

第8話:この園の面接を受けます!
保育士転職マンガ · 2021/03/13
ついに面接を受けることを決めた裕子。さて、結果はどうなるでしょうか。

第7話:私が保育内容を大事にしているきっかけ
保育士転職マンガ · 2021/03/06
莉乃先生から「何を大事にしたいの?」と聞かれ、過去の体験を振り返る裕子。なぜ裕子は保育内容にこだわりを持っているのでしょうか。

第6話:どの園がいいかわからない!!
保育士転職マンガ · 2021/02/13
保育見学を終えた裕子は、いろいろと情報を得たことで、逆に迷ってしまいました。さて、どのように整理していくのでしょうか。

第5話:保育見学に行ってみた!
保育士転職マンガ · 2021/02/06
裕子は実際に保育園見学に行き、本当にいろいろな保育園があることを知りました。

さらに表示する