カテゴリ:補助金



他業種から保育士になるには2つの方法があります。「保育士養成校を卒業」「保育士試験に合格」です。大卒であれば、どちらの方法も選択できますが、高卒以下の場合は「保育士養成校を卒業」する必要があります。いずれにしても、いまの生活を続けながら、資格取得を目指すことになるため、「お金」「時間」の不安を持つ方が多いようです。今回は、その2つの不安を解消するための様々な方法を調査しましたのでご紹介します。特に「お金」に関しては、保育士不足であるため、様々な支援制度があります。保育士を目指したい方、是非ご覧になって下さい。

保育の裏側 · 2020/06/28
加配保育士とは、特定の園児に専属で寄り添う保育士のこと。保育士の加配のために必要なことは、医師の診断・保護者の同意・加配保育士の雇用です。特に課題になりやすいのは、加配保育士の雇用であり、自治体による補助金支援の条件や金額によって異なります。昨今では、保育士不足も深刻であるため、無資格の加配保育者を配置する園が増えています。上記のような理由により、「加配をしたくでも厳しい」という保育園が多くあることが実態です。一方で、障がい児保育は、保育業界でも重視される流れがあり、キャリアアップ研修を修了することで、基本的な知識を得ることができます。