カテゴリ:加配



保育の裏側 · 2020/06/28
加配保育士とは、特定の園児に専属で寄り添う保育士のこと。保育士の加配のために必要なことは、医師の診断・保護者の同意・加配保育士の雇用です。特に課題になりやすいのは、加配保育士の雇用であり、自治体による補助金支援の条件や金額によって異なります。昨今では、保育士不足も深刻であるため、無資格の加配保育者を配置する園が増えています。上記のような理由により、「加配をしたくでも厳しい」という保育園が多くあることが実態です。一方で、障がい児保育は、保育業界でも重視される流れがあり、キャリアアップ研修を修了することで、基本的な知識を得ることができます。