カテゴリ:保育



【5/4(火) 20:00〜】ストレスとの上手な付き合い方 〜保育者編〜
保育者の皆さん、新年度から1ヶ月、お疲れ様でした! 新年度は、どんな人にとっても大変な時期で、GWを迎えて少しホッとしている人も多いのではないでしょうか? もしかすると「疲れたな〜」「いつもの自分と違うな〜」と思っている方もいるかもしれません。 そういう場合、心と身体に少しストレスが溜まっていることがあります。 なので、今回のこのゆび保育の保育オープンセミナーでは「ストレス」をテーマに開催します。 講師は現役保育士 兼 講師の【ずみ先生】をお招きします。

このゆび保育の保育転職プログラムは、丁寧な面談を受けられることと、保育体験ができることです。
保育いろいろ · 2021/04/06
認可保育園では、各自治体を経由して保育園に入園することは皆さんもご存知だと思います。その為、原則として保育園側は入園する子どもたちを選ぶことは出来ませんし、保護者側も希望をしていても必ずその保育園に入園できるというわけではありません。認可保育園に入る為には各自治体が独自に定めた点数制度により順位を決めていき、その点数が高い順に入園を決めていくのが一般的と言われています。しかしその状況を踏まえても保護者が保育士の場合は優先して入園出来るということが本当にあるのか解説していきます。

このゆび保育の保育転職プログラムは、丁寧な面談を受けられることと、保育体験ができることです。
当サイトにも年間十数件問い合わせがくる保育士の借り上げ社宅によるトラブル相談。今回は実際に問い合わせのあった内容を実例として解説していきます。

このゆび保育の保育転職プログラムは、丁寧な面談を受けられることと、保育体験ができることです。
保育いろいろ · 2021/04/05
近年は認可保育園を中心に看護師を配置する保育園が増えてきました。しかし全ての保育園に看護師が配置されているわけではありません。そこで質問としてよく出てくるのは「どうしてうちの保育園では看護師を配置していないのか」ということ。実はこれは自治体によって求められる対応は様々。今回は保育園の看護師配置の背景を解説していきます。

このゆび保育の保育転職プログラムは、丁寧な面談を受けられることと、保育体験ができることです。
退職を決意したといっても伝える時には緊張や気まずさを感じるものです。そんな保育士の退職についてはトラブルも報告されることがあります。今回は保育士の退職トラブルについて実例をもとにいくつか解説していきます。

過去にこのゆび保育コラムでも複数回にわたり保育士不足に関する問題点や現状を解説しました。しかし保育業界において最も危惧されているのは「園長」「主任保育士」といった職員を指導する立場における役職保育士不足問題。実際にこの役職層の指導力などによって不満が募り保育士を退職して他の業界に活躍の場を移すという例もここ数年増えています。今回は園長職・主任保育士問題について解説していきます。

このゆび保育の保育転職プログラムは、丁寧な面談を受けられることと、保育体験ができることです。
保育いろいろ · 2021/04/05
保育士とストレスの関連性についての続編コラムです。前回は保育業界におけるストレスの9割が人間関係であることを解説しました。今回は保育士がそのストレスとの付き合い方の部分において他の業種と比べるとやや苦手としていると言われている点について解説していきます。

このゆび保育の保育転職プログラムは、丁寧な面談を受けられることと、保育体験ができることです。
保育いろいろ · 2021/04/05
保育士業務を考えるにあたり、どうしても並行して話題になるのが“ストレス”です。ストレスの理由は人それぞれではありますが、その中でも保育業界ではストレスを抱える内容には他業種と比較するといくつかに分類することが出来るとも言われています。では保育業界におけるストレスとの関連性について解説していきたいと思います。

このゆび保育の保育転職プログラムは、丁寧な面談を受けられることと、保育体験ができることです。
保育士は魅力的な仕事ではあるが、それに見合った給料ではない。むしろ安すぎるのではないかと世間で長く言われており、実際に保育士さん以外でも給料が安い職種と思っている方は少なくないのではないでしょう。

このゆび保育の保育転職プログラムは、丁寧な面談を受けられることと、保育体験ができることです。
保育の裏側 · 2021/04/05
待機児童問題が表面化したことで、2000年、2001年に行われた「保育所改革」により東京や神奈川をといった待機児童地域を中心に保育園が増加。その結果保育園不足と同じように保育士不足となりました。では保育士不足について2021年の現状はどうなのでしょうか。今回はこの保育士不足についてのPART2です

さらに表示する