カテゴリ:保育



保育の著名人 · 2020/10/18
このゆび保育の著名人コラムです。今回は「認定NPO法人芸術と遊び創造協会 理事長・東京おもちゃ美術館の館長 多田千尋さん」と「NPO法人こども発達実践協議会 代表理事・現役認可保育園園長 河合清美さん」のお2人。「おもちゃと保育」をテーマに対談をした様子をお届けします。

新着求人 · 2020/10/01
「1つの家のような一体感のある保育園」を目指す園長の想いと取り組みを取材してきました。園長と運営統括、そして保育士が一体感をもって取り組む保育が特徴です。保育士の募集(正職員・パート)をしているので、ご興味ある方はお問い合わせ下さい。

保育の裏側 · 2020/09/27
このゆび保育の特徴は「パート保育士(無資格の方も含む)」の求人探索も行うことです。実は法人の規模によって、パート保育士に任せられる仕事には違いがあります。パート保育士として働く場合も、「どんな風に働きたいか?」をイメージして、しっかり見学で確かめてから応募をするようにしましょう。

保育の裏側 · 2020/09/26
公立保育士採用試験について、保育学生さんからの質問にお答えしました!東京都内の保育士採用試験の特徴は「同じ日程にほぼ全ての区が試験を実施する」ということです。学生さんにとってはチャンスが減ると思われるかもしれませんが、実は違うメリットもあります。ぜひご覧ください。

保育の裏側 · 2020/09/22
皆さん、主任保育士についてどれくらいご存知ですか? 実は厚生労働省が出す要項は、主任の配置は義務付けられていません。一方で、主任保育士は「園長と現場の橋渡し役」であり、近年の保育業界における重要な存在になっています。そのため、保育園の経営側も「主任保育士をいかに採用するか?また、いかに育成していくか?」という点が重要課題になっています。なので、主任保育士を経験することは、今後保育士としてキャリアアップを目指す上で大切です。主任保育士に関する基本がわかるコラムなので、ぜひご覧ください。

保育の裏側 · 2020/09/16
首都圏の独自制度「保育士借り上げ社宅制度」は、今年2020年度までの期限つき制度です。その最新情報に関して、保育求人のプロ「こばやしだいすけさん」に取材を行いました。すでに制度を利用している・来年度に上京を考えている保育士の方は必読です!

他業種から保育士になるには2つの方法があります。「保育士養成校を卒業」「保育士試験に合格」です。大卒であれば、どちらの方法も選択できますが、高卒以下の場合は「保育士養成校を卒業」する必要があります。いずれにしても、いまの生活を続けながら、資格取得を目指すことになるため、「お金」「時間」の不安を持つ方が多いようです。今回は、その2つの不安を解消するための様々な方法を調査しましたのでご紹介します。特に「お金」に関しては、保育士不足であるため、様々な支援制度があります。保育士を目指したい方、是非ご覧になって下さい。

保育補助の仕事は、大きく2つの意味があることをご存知でしょうか? 全体を補佐する保育業務と、無資格で働く保育者という意味があります。保育補助は、年々需要が増えており、数多くの求人をみるようなりました。都市部では待機児童が問題になっていますが、その背景にあるのは保育士不足です。それを解消するために、保育補助という役割が重要視されるようになりました。保育補助の仕事は、パートタイムであることが多く、自分の生活に合わせて働きたいなどの理由で、人気があるようです。保育補助をお考えの方は、ぜひ一度ご覧になって下さい!

保育いろいろ · 2020/07/01
保育士の採用面接においても、「服装は自由です」と言われることが多くなりました。面接といえばスーツを思い浮かべがちなので、「自由」と言われると困ってしまう方もいるかもしれません。今回は様々なケース(何も指定されない・自由・スーツ以外と指定)で、どういう服装をすると、マイナス評価にならないかを説明しています。面接や見学は限られた時間の中で、自分を最大限に知ってもらう機会です。そういうときに、不要なマイナスポイントがあると、せっかくのPRも上手く伝わらないかもしれません。就職や転職を、より自分らしく進めるためにも、服装について考えてみましょう!

保育士の間で噂される「いつも求人を出している園は、離職率が高いからブラックだ!」というのは、本当でしょうか?保育園の運営の仕組みを理解することで、これが真実ではないことがあります。保育士不足が深刻な状況が続いており、相当なブランド力がない限りは保育士採用は簡単ではありません。加えて、保育士の多くは女性なので、結婚や育児による退職も多くあります。なので、そのような噂に惑わされると、せっかくいい求人も逃してしまうかもしれません。また、保育求人の掲載サイトによって求人を見分けるポイントを書いてます。いい転職をされたい方は、是非ご覧になって下さい。

さらに表示する