保育士からチャイルドマインダーへ転職【働く上でとても大事なこと】

保育士からチャイルドマインダーへ転職したい【働く上でとても大事なこと】

チャイルドマインダーは、どんな人にオススメ?


チャイルドマインダーの本家であるイギリスでは、チャイルドマインダーが国家資格となっており、保育を求める過半数の家庭がチャイルドマインダーを利用しています。なので、子どもと関わる仕事がしたい人は自然とチャイルドマインダーの資格を取得します。

 

一方で、日本では集団保育を行う保育所がほとんどであり、保育所に通えない子どもである待機児童は認可外保育所やベビーシッター等が補っており、チャイルドマインダーも待機児童を保育することが重要な役割であると言えます。

 

具体的にはこのような気持ちをお持ちの方にオススメではないでしょうか?

 

  ・既に保育士資格を持っているが、個別保育を体系的に学びたい

  ・保育士資格を取る前に、まずはチャイルドマインダーから始めたい

  ・ベビーシッターとして働いているが、資格を持っていないので取りたい

  ・将来的に、保育関連で独立したいので、基本的な資格として持っておきたい



チャイルドマインダーとして働く上で大事なこと


チャイルドマインダーと保育士はいずれも、大切な子どもたちを保育するための資格であり、基本的な考え方などは十分に共通するところも多いと思います。ただし、どちらで働く場合も気をつけたいことがあります。

 

保護者の多くは「資格を持っているから預けたい」ではなく、「あなたが信頼できるから預けたい」と考えています。なので、基本的な条件としていずれかの資格を持っておくことは必要ですが、プロとして働いていくには「目の前の子どものために何ができるか?」「保護者が何を求めているか?」などを常に考えておくことは大切です。

 


落ち着いて納得して保育園を選べる転職サポート(無料)

このゆび保育の保育転職プログラムは、丁寧な面談を受けられることと、保育体験ができることです。

このゆび保育の転職サポートは「安心感」「納得感」が特徴です。

  • 面談は、30分以上かけてしっかりお話をうかがいます
  • あなたに合うと考える保育園を2園以上ご提案します
  • 応募・面接の前に保育見学や園長面談ができます

完全無料で、一人ひとりに寄り添い、転職を成功させるためにサポートします。

 


保育記事作成:このゆび保育 編集委員