保育士からチャイルドマインダーへ転職【お給料事情】

保育士からチャイルドマインダーへ転職【お給料事情】

 

チャイルドマインダーの収入


それぞれの働き方のパターンでシュミレーションしてみました。

 

「ご家庭に訪問して保育」月収約21万

【条件:時給1200円・平日毎日・子ども1名・1日9時間】

 

この後記載する自宅で開業パターンと違い、同時に複数児童や、複数家庭を担当することが難しいため、収入にはある程度限度があります。似たような働き方であるベビーシッターも併用しながら働くことで、より高収入を目指せるかもしれません。

 

 

「自宅で開業して保育」月収約43万

【条件:時給1200円・平日毎日・子ども2名・1日9時間】

 

このパターンは、訪問型と比べて月収の上限が高いです。このシュミレーションは子ども2名ですが、もし3歳児以降4名に保育できれば、月収86万も可能性としてはあります。

 

しかし、冷静に考える必要があり「子ども一人に月20万掛ける家庭がどれくらいあるか?」ということです。認可保育所であれば、3歳児以降はゼロ円であるため、どのような保護者が、どのような場面でチャイルドマインダーを利用したいかを、しっかり考える必要があります。

 

現実的には、保育所の利用が難しい休日・祝日などの1日のみの利用や、夜間保育など限られた場面での利用が予想されます。裏を返せば、保護者のニーズや、自宅周辺の保育園事情をしっかり捉えれば、安定した収入を目指すことができそうです。

 

 

「施設に勤務しての保育」月収約17万

【条件:時給1,100円・平日毎日・1日8時間】

 

このパターンは、保育補助として保育園に勤務する場合を想定しています。時給は1,050〜1,200円の間になる場合が多いです。月収のみをみると、訪問型保育・開業と見劣りしますが、施設に勤務する場合の一番のメリットは「収入が安定している」ということです。

 

訪問型や開業のパターンは、契約するご家庭がみつからなければ収入はゼロですし、もし日本経済の景気が悪くなった場合は、比較的に高価なチャイルドマインダーを利用する家庭は減ってしまうことが予想されます。一方で、認可保育園等は、国から一定支給される運営委託費というもので運営されているため、定員割れしない限りは安定しています。

 

 

チャイルドマインダーの資格を取得するには?


チャイルドマインダーの資格を取得するには、チャイルドマインダー養成講座を通学もしくは通信講座を受け、試験に合格することが条件です。また実技講習などもあります。

 

合格率は70%以上と高水準であり、計画的に勉強をすることで十分に取得可能な資格であるといえます。取得費用は、10万〜40万と幅があります。

 

受講する養成講座は、イギリス政府や厚生労働省が公認している比較的高額なものから、最速で安価に資格取得できるものまで様々です。次ページに一覧を載せていますので、興味のある方は見てみて下さい。


落ち着いて納得して保育園を選べる転職サポート(無料)

このゆび保育の保育転職プログラムは、丁寧な面談を受けられることと、保育体験ができることです。

このゆび保育の転職サポートは「安心感」「納得感」が特徴です。

  • 面談は、30分以上かけてしっかりお話をうかがいます
  • あなたに合うと考える保育園を2園以上ご提案します
  • 応募・面接の前に保育見学や園長面談ができます

完全無料で、一人ひとりに寄り添い、転職を成功させるためにサポートします。

 


保育記事作成:このゆび保育 編集委員