保育士からチャイルドマインダーへ転職【保育士との違い】

保育士からチャイルドマインダーへ転職したい【保育士との違い】

家庭的保育のプロフェッショナルであるチャイルドマインダーは、保育士とはどのように違うのでしょうか? 保育士との違いから、実際にチャイルドマインダーとして働く場合について、まとめています。

 

チャイルドマインダーと保育士の違い


チャイルドマインダーと保育士の大きな違いは「保育をする子どもの人数」です。チャイルドマインダーは、1人のチャイルドマインダーで4名までの子どもに保育を提供することができます。チャイルドマインダー1人あたりの保育可能人数は下記の通りです。

 

0歳児:2人まで

1歳児:3人まで

〜4歳児:4人まで

 

保育士の配置基準と比べると、ぐっと少ない人数の子どもたちに保育を行うことが分かります。転職を希望する保育士の多くは「落ち着いて、一人ひとりの子どもと関わりたい」との希望が多く、本当に一人ひとりと密接に関わっていくならばチャイルドマインダーという選択肢も検討の余地がありそうですね。

 

また、資格の種類も異なっています。チャイルドマインダーは民間資格であり、保育士は国家資格です。

 

そうすると「やっぱり国家資格の保育士がすごいんじゃない?」と思う方もいるかもしれませんが、チャイルドマインダーに限ってはそうとは言えません。なぜなら、イギリスではチャイルドマインダーは国家資格になっており、日本におけるチャイルドマインダーの資格は、本家イギリスを参考につくられているからです。

 

なので、まだどちらの資格も持っていない方は、どんな風に子どもたちと関わっていきたいのか、またどのような働き方をしたいのかを考えてから、資格取得を目指すことがいいと思います。

 

 

チャイルドマインダーとしての働き方


チャイルドマインダーとして働く場合、主には「ご家庭に訪問して保育」「自宅で開業して保育」があります。また、認可保育園などの施設で働けるケースもあるようです。

 

「ご家庭に訪問して保育」

訪問型保育と呼ばれる働き方ですが、もっとも手軽に始められる方法です。ベビーシッターに近い働き方ですが、チャイルドマインダーは「特定の」子どもを保育することが特徴なので、いくつかのご家庭と直接契約し、長期的に関わっていきます。

 

保育をするのは、ご家庭内であることがほとんどなので、保育ルームや設備等の用意は必要ないことが、手軽に始められる一つの理由です。ただし、手軽に始められますが、各ご家庭の中に入って、とても密接に関わっていくので「ご家庭との信頼関係づくり」はとても大切です。ご家庭の教育方針や、大事にしている価値観などは必ずヒアリングすることが必要ですし、保育のあとの報告は丁寧に具体的にお伝えするなど、保護者の気持ちにたったコミュニケーションを心がけることが重要と思われます。

 

 

「自宅で開業して保育」

家で保育するイメージってあまりないかもしれませんが、チャイルドマインダーとして働く場合には、珍しくない働き方です。

 

自宅の一室を保育ルームにすることで、チャイルドマインダーとして働くことができます。形態としては個人事業主であるため、税務署にチャイルドマインダーとして開業届を提出することが必要です。(※届け出は、とても簡単で費用は一切掛かりません)

 

 

もし一人暮らしであれば、2LDKの部屋を借りて、うち1部屋を保育ルームにするといいかもしれません。ただし、保育園のように厳密な施設基準があるわけではないので、安全・衛生対策は万全に行うことが重要です。また、万が一の場合に備えて損害賠償保険や障害保険の加入も必要です。チャイルドマインダーとして働く方のための保険も用意されているようです。

 

なお、施設で勤務する場合は、チャイルドマインダーの資格のみだと、保育補助という形での働き方になります。なので担任を持たずに、同僚の保育士のサポート役を行います。保育園で担任を持つには、保育士資格が必要であるためです。

 


落ち着いて納得して保育園を選べる転職サポート(無料)

このゆび保育の保育転職プログラムは、丁寧な面談を受けられることと、保育体験ができることです。

このゆび保育の転職サポートは「安心感」「納得感」が特徴です。

  • 面談は、30分以上かけてしっかりお話をうかがいます
  • あなたに合うと考える保育園を2園以上ご提案します
  • 応募・面接の前に保育見学や園長面談ができます

完全無料で、一人ひとりに寄り添い、転職を成功させるためにサポートします。

 


このゆび保育専属ライター

Yu-ki

 

【プロフィール】

現在、認可保育園にて乳児部門の副主任として活躍する現役保育士(31歳)。このゆび保育のコラム編集には、自身のスキルアップも兼ねて、時間の合間に調査から執筆まで行う。

 

新卒で幼稚園に入ったが、保育に魅力を感じ転職。保育の楽しさ、また大変さを感じつつ、今後も保育士を長く続けたいと思っている。Twitterの保育士愚痴アカウントには、共感と一定の理解もあるのが本音。

 

 

プライベートと仕事は全く別と考えており、仕事モード以外では、保育のことを考えず、季節に合わせたコーデを中心に気持ちを切り替えている。

取材協力:〇〇 さん
保育記事作成:このゆび保育 編集委員