保育士から児童発達支援センターに転職したい【働く上でのメリットと課題点】

保育士から児童発達支援センターに転職したい【働く上でのメリットと課題点】

児童発達支援事業所(センター)で働くメリット・課題点

児童発達支援事業所(センター)で働くことでのメリットや、事前に考えておきたい課題点を記載しています。

 

【メリット】

・一人ひとりの子どもに合わせた保育ができる

・障がい児の保育(療育)を学ぶことで、より多様な子どもたちに保育を届けられる

・障がい児保育(療育)は、まだまだ施設数等が不足しており、今後も必要とされる

 

【課題点】

・療育に関する知識を新たに習得していく必要がある

・子どもごとに全く違うので、異なるケアや支援計画を作る必要がある

・様々な専門職が同じ職場にいるので、保育園よりも高いコミュニケーション力は必須

 

 

児童発達支援事業所(センター)に関する参考情報

 

児童発達支援ガイドライン

(厚生労働省)

 


落ち着いて納得して保育園を選べる転職サポート(無料)

このゆび保育の保育転職プログラムは、丁寧な面談を受けられることと、保育体験ができることです。

このゆび保育の転職サポートは「安心感」「納得感」が特徴です。

  • 面談は、30分以上かけてしっかりお話をうかがいます
  • あなたに合うと考える保育園を2園以上ご提案します
  • 応募・面接の前に保育見学や園長面談ができます

完全無料で、一人ひとりに寄り添い、転職を成功させるためにサポートします。

 


保育記事作成:このゆび保育 編集委員