保育士から児童発達支援センターに転職したい【1日の流れ】

保育士から児童発達支援センターに転職したい【1日の流れ】

 

児童発達支援事業所(センター)で提供する保育サービス

下記のようなことを目標に、保育(療育)を提供していきます。

 

・日常生活における基本的な動作ができるようになる

・知識や技能を習得していく

・集団生活に適応できるようになる

 ※医療型の場合は、身体障がいに対する治療も行いますが、看護師等が担当します。

 

目指す方向性は保育園での保育と大きく変わりませんが、児童発達支援事業所(センター)では、一人ひとりに発達段階を踏まえた個別性の高い保育・発達支援を行っていくことに特徴があります。

 

 

児童発達支援事業所(センター)での1日の流れ

児童発達支援事業所(センター)によってスケジュールは異なるようですが、下記の1例として記載しています。

 

8:30 送迎

9:30 健康チェック・自由遊びなど

10:00 朝の会・個別療育・集団活動

11:30 昼食・片付け・歯磨き

13:00 お昼寝

15:00 おやつ

16:00 自由遊び

17:15 送迎

 

もしかすると、今勤めている保育園と流れが大きく変わらないこともあるかもしれませんね。

では、児童発達支援事業所(センター)で働くことは、保育士にとってどんな意味を持つのでしょうか?

 

次へ>>>

保育士から児童発達支援センターに転職したい【働く上でのメリットと課題点】


落ち着いて納得して保育園を選べる転職サポート(無料)

このゆび保育の保育転職プログラムは、丁寧な面談を受けられることと、保育体験ができることです。

このゆび保育の転職サポートは「安心感」「納得感」が特徴です。

  • 面談は、30分以上かけてしっかりお話をうかがいます
  • あなたに合うと考える保育園を2園以上ご提案します
  • 応募・面接の前に保育見学や園長面談ができます

完全無料で、一人ひとりに寄り添い、転職を成功させるためにサポートします。

 


保育記事作成:このゆび保育 編集委員