40代で保育士の転職は難しい?40代保育士の転職事情と転職のポイントとは

40代で保育士の転職は難しい?40代保育士の転職事情と転職のポイントとは 

年齢を重ねてくると、一般的には転職に対しハードルが高と感じてしまう方も多いのではないでしょうか。 

 

では専門スキルが求められる保育士の転職事情はどうなのでしょうか。今回は40代保育士の転職事情とポイントについてお話ししていきます。 

目次

 

1.40代の保育士の転職事情

 ・保育士の需要は高くなっている 

 ・40代での保育士の転職は可能 

 ・経験豊富な保育士を求める園も出てきている 

 ・家族がいても働きやすいパートなど正社員でない条件での募集も存在 

 ・働いた際には体力が課題になる可能性が高い

 

2.40代の未経験から保育士を転職は可能

 ・制度上は可能だがハードルは高い 

 ・40代の保育士に求めているのは即戦力 

 ・未経験の保育士は教育コストが掛かる 

 ・40代で保育士の資格を取得する方法

 

3.保育士の転職を成功させるポイント

 ・保育士経験を活かせる求人を探す 

 ・プライベートの時間も確保しやすい職場を探す 

 ・保育園の雰囲気や保育士の声を聞く


4.保育士転職時の志望動機や履歴書、面接のコツ

 ・志望動機 

 ・履歴書の書き方 

 ・面接

 

5.40代保育士の転職体験談
 
6.konoyubi保育での保育士転職成功談


 

40代の保育士の転職事情

キャリアを重ねてきた方も多い40代の保育士の転職は、即戦力を求める保育現場からの需要は高いです。なので年齢を理由に「難しいのでは…」と不安になることはありません。

20代や30代から保育現場で活躍してきた経験値、知識、それに基づいた自信や安心感を持ち合わせた保育士は、保育現場では必要とされる存在ですし、若手保育士への指導を含めたポジションを期待されて採用につながることも多いと思われます。 

 

また、結婚や出産などのライフイベントを機に保育現場から離れた方が、様々なタイミングで復帰しようと考える方も多いのではないでしょうか。ライフスタイルに合った働き方を求めて、正規保育士以外にもパートタイムを希望される方向けの求人も多いです。

園によって人員が必要な時間帯が異なりますので、午前中のみ・午後のみ・夕方(延長保育の時間帯)のみなど多様な条件で募集が出るのが保育業界の特徴です。 

 

40代の保育士は需要が高いですが、年齢的な部分で課題となるのが体力かもしれません。パワフルな子ども達の保育は体力勝負という面もあります。

特にブランクがある方にとっては、復職後しばらくは慣れない上に体力的にキツイと感じる場合も多いので、その点も踏まえて勤務可能か(続けられそうか)を考慮する必要はあると思います。 

 

40代の未経験から保育士を転職は可能

保育士資格を持っている、或いは新たに取得したという未経験の方も制度上は転職可能です。その場合、異業種からの転職という方はそこで得たスキルや社会人としての経験値をアピールできるのではないかと思います。

しかし、保育士としては未経験なので専門職の特性上、新たに知ることや教えてもらうことのほうが圧倒的に多くなります。 

 

また、40代の保育士には即戦力を求めている現場のほうが多いので、ハードルが高くなる可能性は考えられます。現場は未経験の保育士への教育コストも考慮するため、例えば採用予定人数が少ないと年齢が高く未経験の場合は適わないことも現実としてあります。

もちろん面接等で意欲や人柄を重視される園も多く、そこでしっかりアピールすることは大切ですね。求人の種類は新卒向けや“未経験OK・歓迎”と記載されているものが中心になりますので、転職活動をする上で園の候補は一つや二つに限らず数園は探して進めていったほうがより可能性が広がると思います。 

 

保育士を目指す方の特徴として、年齢にかかわらず保育士を志して資格取得を目指す方が少なくない点です。資格取得の方法としては、参考書などを使った自主学習・通信教育を利用し年2回実施される国家試験を受ける方法と、保育士養成の専門学校・大学の保育学部・短期大学の保育科を卒業し資格を取得する方法があります。

自主学習や通信教育の場合は国家試験を受ける必要がありますが、資格取得にかかるコストが低いという特徴があります。通学する場合は卒業すると資格が取得できるので国家試験を受ける必要はありませんが2年~卒業に要する年数の学費がかかるので自主学習と比べるとコストが高いという特徴があります。 

 

自身に合った取得方法が選べますし、年齢関係なくチャレンジできる点も保育士を選ばれるポイントです。 

 

保育士の転職を成功させるポイント

“転職の成功”は人それぞれ感じ方があると思いますが、一つは長く勤められる職場というのは共通することではないでしょうか。長く勤められるということは、仕事をする中で条件も含め納得感を持てていたり、やりがいを感じられているなど様々だと思います。 

 

では、長く勤められる職場に出会うために、自身が活き活きと仕事ができる職場を探すためにできることは何かをお伝えします。 



◆希望する条件を明確にする

 

給与、休日、福利厚生などがあると思いますが、条件に合った求人を数園候補としてピックアップしましょう。希望条件で最も重要視するポイント、それ以外に外せないポイントはどうか、と条件に関する様々な角度から求人を探していくことも納得して仕事をしていくためには必要です。求人票に記載してある条件はしっかり確認しましょう。 



◆知りたい情報を正しく知る

 

転職活動ではハローワークを利用したり、保育士の転職を支援するエージェントを利用することも多いと思いますが、疑問に感じた点や知りたい点は曖昧にせず求人を掲載・紹介している担当者に質問するなど情報は正しく知るようにしましょう。ライフワークバランスを大事にし、休息をしっかり確保できることを重視する方がほとんどだと思います。職員の働く環境について工夫している園もたくさんあるので、求人票等でわからない場合は積極的に質問してみましょう。 



◆候補の保育園に見学に行く

 

可能であれば園見学は行っておいたほうが良いです。実際に園に行ってみて自身で感じた園の雰囲気が最も参考になるポイントとなることが多いです。園の保育方針と園の雰囲気を感じた上で、自分のキャリアを活かした保育ができるか、そのイメージができるか。

更に、保育面でしっかり見ておくべきポイントとして職員の表情や声のトーンや大きさ、立ち居振る舞いなど細かい点に注目してみると、どんな保育をしているのかが少し見えてくる場合もあります。転職活動で最も気になるけど見えにくい人間関係や職員の雰囲気が窺えるポイントでもあると思ので参考にしてみてください。 

 

 

全ての条件が合致する職場を探すことは難しいですが、納得できる職場で働く可能性を広げるためにできることは積極的に行っていきましょう。 

 

保育士転職時の志望動機や履歴書、面接のコツ

志望動機は、履歴書や面接で必ず伝える項目です。面接を受ける園の保育理念・方針は事前に確認すると思います。保育理念や方針を踏まえて“なぜ”その園で働きたいのかを明確に述べられることはまず大切なポイントです。

そして、自分のキャリアをどう活かしていけるかを伝えることは経験豊富な保育士だからこそしっかりアピールできるポイントです。 

 

園が大切にしている保育理念・方針と矛盾がないように、志望動機とアピールポイントは明確に伝えられるようにしておきましょう。また、年齢的な面で懸念される体力面についてもアピールできるのであれば強みになるかもしれません。 

 

履歴書も、自身の経歴をわかりやすく書くことがキャリアをアピールするポイントになります。面接で聞かれることも多いですが、何歳児の担任を何年くらい経験しているか、リーダーなど責任あるポジションを経験している場合は伝えると選考の材料となりやすいと思います。

 

40代保育士の転職体験談

このゆび保育では、様々な保育士のキャリアに関する相談に対応しています。その中で、40代保育士の方が、過去に経験された話をお伝えしていきます。 

 

特に多いと感じるお悩みは「給与を上げたい(早くキャリアアップしたい)」です。  

 

 【東京都・男性・40代前半・経験20年超】 

保育士としてバリバリ仕事をしてきた方です。とある大手社会福祉法人にて、30代後半から副主任職につくことができましたが、なかなかキャリアアップが見込めません。 

 

法人として安定感があり、各園の職場も離職率が低いことから、主任以上のポジションに空きがないという背景でした。法人からの人事評価は高く「近いうちに主任・園長に」ということを言われていますが、具体的なプランを訪ねても明確な回答は得られませんでした。 

 

そこで、新規開園を一定数続けている株式会社での主任職を目指して転職活動を始めます。 

 

ところが各法人からは「外部採用で、いきなり主任は難しい」との回答が続きました。また、仮に同じ副主任として転職しても給与が下がってしまうことを知りました。

新規開園のラッシュであった4,5年前は、外部採用での主任・園長登用を積極的にしていた株式会社でしたが、ペースがゆるくなった現在は仕事ぶりを踏まえて昇格を判断するという慎重な傾向が多くなっているようでした。 

(※上記の傾向は、全ての株式会社に当てはまるわけではありません。実際に、外部採用で園長職につけるケースもあります。) 

  

ご家族とも何度も話し合いを重ねた結果「いまの法人で着実にキャリアアップを目指す」という結論となりました。


 

このゆび保育での保育士転職成功談

最後に、このゆび保育の転職サポートをご利用された転職成功談をお伝えします。 

40代保育士からのご相談で、次に多い点が「体調を崩してしまったが、どうしたらよいか?」ということです。 

 

多くの方は年齢に伴う体質変化や、これまでのハードな働き方が影響している印象があります。この場合は、体調面のことも考えて「このまま頑張るのは現実的じゃない」ということをまずご理解頂き、過去を振り返りながら、新たな職場を見つけていくこととなります。 

 

 

【千葉県・女性・40代後半・経験25年超】   

この方も保育士としての仕事に誇りを持ち、若いときから積極的に、著名な保育関係の教授の研修を受けたり、子ども関連の取得資格を増やすなど一生懸命に仕事をしてきました。ところが40代中盤を過ぎた頃から体調面の不調があり「どうも自分らしくない」との感覚になったようです。  

 

今まで気にならない些細なことが頭から離れなくなったり、急に汗がどっと出てきたり、重たい頭痛があるなど、自分での不思議だったそうです。医師の診察によると「年齢に伴うホルモンバランスの変化で、自律神経の乱れが起きている」とのことでした。  

 

自分の働き方を振返ってみると、けっこう無理をして働いてきた時期が長く、我慢していたことが多かったのかもしれないと気が付きました。30代後半にも一度体調を崩したのですが、あまり気にせず同じよう頑張り続けたそうです。 

 

実際に、いまの保育園でもサービス残業が当たり前のようにありましたが”保育士ってそういうもの”と考え、一生懸命に仕事を頑張っていました。  

 

しかし、このままでは定年まで保育士を続けるのはとても難しいと感じ、落ち着いて働けるように転職活動をはじめました。幸い、保育士として研鑽を重ねてきたことや、療育経験もあったことから転職活動はスムーズに進みました。  

 

いくつかの小さな法人を応募し、各法人の代表者や、配属園の園長との面接を重ね「ここでさらに学びながら働きたい」という保育園を見つけることができました。  

 

その園では、”行事は日常の延長”であったり、保育計画関連の書類は非常に簡素化されていることもあり、サービス残業はないだろうと判断しました。体調のこともあり、現園は思い切って年度途中で退職し、しばらく休養後に転職し、いまも元気に働いているようです。 


このようにこのゆび保育では、一人ひとりに深く寄り添って転職活動を進めています。

 

もう転職活動で後悔したくないけれど、でも自分で進めることに不安のある方、ぜひお問い合わせ下さい。


落ち着いて納得して保育園を選べる転職サポート(無料)

このゆび保育の保育転職プログラムは、丁寧な面談を受けられることと、保育体験ができることです。

このゆび保育の転職サポートは「安心感」「納得感」が特徴です。

  • 面談は、30分以上かけてしっかりお話をうかがいます
  • あなたに合うと考える保育園を2園以上ご提案します
  • 応募・面接の前に保育見学や園長面談ができます

完全無料で、一人ひとりに寄り添い、転職を成功させるためにサポートします。

 


保育記事作成:このゆび保育 編集委員